小学校受験:慶應義塾幼稚舎

皆様、こんにちは。
先週まで、7回にわたって幼稚園の選び方の基本をお話してきました。

今日からは、小学校受験の情報をお話しできたらと思います。
どのようなお話を皆様に届けたらよいかな…と考えたのですが、
我々のお教室にいらっしゃる皆様が興味関心のある小学校について、
紹介を兼ねた情報を発信していけたらなと思っています。

初回は、やはり「慶応義塾幼稚舎」でしょう。

慶応義塾大学までの一貫校として言わずと知れた「慶応義塾幼稚舎」。
2013年に慶應義塾横浜初等部が設立されるまでは、慶應義塾唯一の
小学校でありました。

男女共学ながら、比率としては1学年男子96名、女子48名、合計144名
となっており、男子の割合の方が高い学校です。
2020年の志願者数は男子975名、女子 615名(学校HP記載)であり、
日本最難関小学校と言っても過言ではないでしょう。

この慶應義塾幼稚舎の難しい所は、ペーパーテストが無く、
さらに両親面接も無い事です。

ペーパーテストがなくて、両親面接もない。
一体それで、どうやって子供の合否を判断するのか?
小学校受験が初めてのご家庭には想像もつかないのではないでしょうか。

代々慶應幼稚舎という家庭ならいざ知らず、初めて幼稚舎を目指すご家庭に
とってはまずは情報収集が大切です。

「えびす幼児教室」では「慶応くらぶ」として、
慶応義塾幼稚舎を目指すお子様への個別指導を行っております。

お子様への御指導はもちろん、個別指導ですのでレッスン後に毎回
保護者様へのマザーリングの時間を設けております。

「初歩的すぎて、聞くのも恥ずかしいんですが…」
「大手塾で、他のお母さまの前で質問できなくて…」
「慶応くらぶ」ならこのようなお悩みは不要です。

「えびす幼児教室」の「慶応くらぶ」では慶應義塾幼稚舎を
知り尽くしたプロの講師が保護者様の質問・相談に寄り添います。
慶応義塾幼稚舎にご関心がある方は、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です