バッタの観察を行いました!

昨日は馬入川水辺の楽校でバッタの観察を行いました!

馬入川水辺の楽校は相模川のすぐそばにあり、手つかずのままの自然が残った、子どもが自然と親しむ場所です。

今日は露木先生とバッタの観察、そしてコロナ禍でなかなか思い切り遊べない中での自然公園で外遊び、ということで、子どもたちもとても楽しんでいました!

様々な種類のバッタが公園にいるということで、頂いたプリントを見たり、先生の説明を伺いながら興味深々です。

バッタの生態を知って、お世話をしながら、小さないのちに触れ合い、慈しんでいけるといいですね。

 

Follow me!