国・私立専門受験・内部進学|プロ個別指導塾 飯田橋ゼミナール

東京都千代田区富士見2-12-17 2F さくらテラスとなりJR飯田橋駅 徒歩2分
10:00〜20:00(月〜金) 10:00〜18:00(土)

冬芽を観察してみよう

みなさま、こんにちは。

3月に入り、木々の冬芽がだいぶ膨らんできました。

 

冬芽とは、葉っぱを落とした枝についている、

小さなカプセル状の花やつぼみの事です。

 

樹木の冬芽には、様々な形があり、丸っぽいもの、

三角っぽいもの、長い物、短い物など、観察してみると

非常に面白いものばかりです。

 

身近なところでは、桜の冬芽はそろそろ大きく膨らんで

来ているでしょう。

 

私のお薦めは「トチノキ」の冬芽です。

冬芽の周りがべたべたとしていて、珍しいですよ。

(周りがべたべたしているのは、害虫から身を守るためや、

保湿のためと言われています。)

 

学校の樹木や、街路樹、公園の樹木などを良く観察して

みてください。

 

冬芽については、様々な図鑑やハンドブックも出ています。

本を片手に、植物園などを歩いても勉強になりますね。

 

自宅に冬芽がある樹木が生えている場合は、

ちょっとかわいそうですが冬芽をとり、カッターで二つに切断

してみると、中に折りたたまれた蕾や花を見ることができて

面白いですよ。

 

ぜひ、理科の学習の一端として、ご家族で楽しんでください。