国・私立専門受験・内部進学|プロ個別指導塾 飯田橋ゼミナール

東京都千代田区富士見2-12-17 2F さくらテラスとなりJR飯田橋駅 徒歩2分
10:00〜20:00(月〜金) 10:00〜18:00(土)

【夏休みの自由研究】ぷよぷよ卵の作り方 お家で理科実験

夏休みの自由研究どうしよう…。最近では自由研究キットがたくさん販売されていたり、

自由研究をしてくれるアルバイト?まであるそうですが。。

特にお金や時間をかけなくても、たのしい研究はできます。

おすすめするのが、「ぷよぷよ卵の作りかた」です。

 

用意するのは生卵のみ。酢の中に卵を入れて冷蔵庫で丸二日間おいておくだけです。

2日経っても殻がまだ溶けていない場合は少しかき混ぜてみましょう。

それでも泡が出ない場合は新しい酢に付けてもう一日おいておきます。

注意するのは、しっかりと密閉しないことです。二酸化炭素が発生しますので。

 

さて、卵の様子はどう変化しましたか?殻が溶けてなくなった?

 

ではなぜ酢は卵の殻を溶かすのでしょうか。

 

原理:卵の殻は炭酸カルシウムでできています。酢はカルシウムを溶かす力があるので、殻が溶け始めるのです。

 

では、卵の殻の内側の薄い皮はどうなりましたか?

ぷよぷよ卵、ぜひ実験してみてください!

 

もし、失敗したら、どうして失敗したのか、どうしたら成功するのか

試行錯誤しながらやってみるのが夏の自由研究の醍醐味です!ぜひ挑戦してみてください。