国・私立専門受験・内部進学|プロ個別指導塾 飯田橋ゼミナール

東京都千代田区富士見2-12-17 2F さくらテラスとなりJR飯田橋駅 徒歩2分
10:00〜20:00(月〜金) 10:00〜18:00(土)

【小・算数】そろばんと算数

こんにちは。家庭教師の青野智美 です

そろばんは、小学校低学年の習い事として人気があります。計算力や暗算力をつけるほかに、右脳の活性化も期待できるようです。「ようです」と書いたのは、私がそろばんのことを詳しくは知らないからですが、日本の伝統的な「学び」のひとつとして、一定の効果が期待できることから、おけいこごととして根付いているのだと思います。

さて、そろばんを習うのも良いことですが、算数を教える立場として困ることがあります。それは、そろばんの力がそれほどついていないお子さんが筆算を怠って、たびたび計算間違いを起こすことです。

そろばんでは、フラッシュ暗算など、頭のなかで玉をはじき答えを出す練習をすることから、その練習をはじめたお子さんは、計算は書くものではない、頭で計算しないと・・という習慣がついてくるのかもしれません。

2桁~4桁のたし算くらい、すらすらと完璧に解答できる力があるのでしたら、あえて筆算する必要はありません。

しかし、そろばん級が進んでいないお子さんは、算数の先取り学習中に暗算しようとして、ぼろぼろ計算ミスすることがあります。また、お子さんによっては、計算は正しいが、筆算するよりも遅い暗算のこともありました。これでは暗算する意味がありません。

算数は筆算による計算が基本です。筆算式を書いて手で計算します。計算したら、しっかり確かめ算をして、一題ずつこなしていきます。すばやく完璧に計算できるようになるまでは、2桁のたし算、ひき算でも筆算しなくてはいけません。

そろばんの級よりも先の算数学習をしているお子さんは、頭の切り替えをして、算数学習では、常に筆算をする習慣を身につけましょう。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ  にほんブログ村  

家庭教師のお問い合わせは、http://www.tyujyu.jp/     
 

プロ個別塾飯田橋ゼミナール https://projuku.jp