国・私立専門受験・内部進学|プロ個別指導塾 飯田橋ゼミナール

東京都千代田区富士見2-12-17 2F さくらテラスとなりJR飯田橋駅 徒歩2分
10:00〜20:00(月〜金) 10:00〜18:00(土)

【子育てぷらす】 家庭学習における母子関係(その1)

幼少時~小学校までは、おかあさまが家庭学習、

学校や塾の宿題を見ることが多いのではないでしょうか?

勉強が嫌いにならないためには、

家庭学習につきあう母親と子供の関係が大切です。

ひとくちに「母親と子供の関係」といいましても、

いろいろなパターンがあります。

◎おかあさんは先生、こどもは生徒 の関係

幼少期はこのパターンが多いかもしれません。

こどもにわからないところを教える。

まちがっていたら直してあげる。

日常会話やあいさつなどの生活習慣を教えるのと同じように、

母親がこどもに勉強を教えるというパターンです。

この場合、こどもの性格やペースにあわせて教えることが大切です。

こどもは母親とは別人格ですので、

母親の思ったとおりに、こどもの学びが進むわけではありません。

理解が遅いからといって、

上からガミガミと教え込む態度をとることによって、

小学生になる前に勉強嫌いになるこどももいます。

幼少期~小低学年のこどもには、

知ることや学ぶことが楽しいという

メッセージを伝えることが大事ですし、

高学年になっても本質は変わりません。

そのほか、こどもの性格や学力によっては、

「母子がライバル」「母が生徒でこどもが先生」のような

関係になり、うまくこどもを勉強にいざなうのもよいものです。

これについてはまた次回お話したいと思います。